アーティフィシャルフラワーの仏花

アーティフィシャルフラワーの仏花

生花をお供えする意味。

仏前に生花をお供えする意味をご存知ですか?

仏花の後ろ背が高くなってる理由はご存知ですか?

 

ちゃんと意味のあることなんです。

 

仏様の教え

その花は仏様にお供えするのではなく、

お参りに来たあなたに向きに。

 

 

その花のように

命には限りがあるのだよ。

 

 

という教えだそうです。

 

 

 

なるほど~☆ なのです。

 

 

四十九日ルール

とはいえ、

ワタクシseven’s FLOWERは

生花を扱わないお花屋さん。

 

最近の生活スタイルや身体的な理由などで、

いつも生花をお供えすることが難しい方も増えてきているので

生花を加工したプリザーブドフラワーで

仏花のご注文をお作りすることもあります。

 

 

それが神様の世界で許されているかどうかは定かではないですが、

せめて四十九日が過ぎてからのお供えにして下さいと

seven’s FLOWERルールでお客様にお話させていただいてます。

 

 

なぜアーティフィシャルフラワーの仏花?

offering-1

ですが、

今回は理由があって

アーティフィシャルフラワー(人工花)を使用しました。

 

 

そのお客様のご依頼は

『納骨堂にお供えするプリザーブドフラワー』とのことでした。

 

プリザーブドフラワーは湿気に弱く、

ジメジメした場所では劣化しやすいので、

湿度が高めの納骨堂には不向きではないかと思うんです。

 

もしかしたら、

私んちの先祖が眠る納骨堂だけかもしれませんし、

比較的新しいお寺では空調設備が整ってるのかもしれませんが…。

 

 

せっかくお届けしたアレンジが

すぐダメになってしまった…では申し訳ないので、

湿度の高い場所でも綺麗を持続できる

アーティフィシャルフラワーの仏花にさせていただきました。

 

 

枯れることのない花。

故人を思い、お供えする気持ちは

生花だろうと人工花であろうと

変わりないと思います。

 

 

それが一番大事なことなんだと、私は思ってます。

 

 

でもね、

ちゃんとそのお花の意味も知っておけば

よりいいよね~ とも思ってます。

 

 

枯れないお花だけど、

  • 春→黄色・緑
  • 夏→青
  • 秋→オレンジ(秋桜)
  • 冬→白

と、ちゃんと時の流れを感じられるように

色を使って四季を表現しました。

 

そしてきっと、

仏様だって見間違えるほど

よくできたアーティフィシャルフラワーを使用しました。

 

 

いつも逢えなくても

それまでは枯れない花で、

たまに逢いに行くときに生花を持って。

 

 

命には限りがあるから、

そんなふうに

思う気持ちを大切にしていただければ・・・なんてね。

 

 

 

さいごに・・・

(恐らく)仏様も見間違えるであろう

アーティフィシャルメーカー各社の技術に

敬意を表します☆

 

 

 

それと、ご注文主様。

 

メアド変わった?

メールできないんですけど…(´゚д゚`)

 

この記事をご覧いただきましたら連絡ください。

お待ちしておりやすw

 

 

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ プリザーブドフラワー教室・販売へ
にほんブログ村